一般的な日本人の顔はやや平面的であり、やや幼い顔立ち、「キュート」系と言ってもいいでしょう。それに比べて、彫りが深く顔立ちがはっきりしている、アメリカやヨーロッパ圏の国の女性たちは「セクシー」な雰囲気が似合います。

日本と欧米の女性の顔を比べれば、肌の色の違いや彫りの深さなどハッキリした違いに加え、日本人よりもまつげが濃く、長い人が多いことがわかるでしょう。

元々セクシーな力強い顔立ちは、凛々しい目元のしっかりしたまつげの影で一層セクシーに見えます。そんな欧米の女性たちの顔を羨ましく思っても、そもそも遺伝子からして違うのですから、自力ではどうする事もできません。

雑誌やSNSから欧米女性たちのメイクやファッションについて情報を得ながら、「自分もこんな顔で生まれたかった…」なんて溜息をついている女性も多いのではないでしょうか。

世界中の女性の美意識を刺激し、流行を先取りしていくのは、海外で広く活躍するファッションモデルや女優などでしょう。

彼女たちの磨き上げた美貌を見れば、まつげ一つにも手を抜いていない事が分かるはずです。

普通の人よりも長いまつげをさらに長く、美しく、くるんと上向きにカールさせて、世の女性たちが思わず憧れてしまうメリハリのついた表情を演出しているのです。

しかし、元が違うからと言ってそこで美を追求することを諦めてしまっては終わりです。短いまつげがコンプレックスなら、つけまつげを付けましょう。

まつげの濃さ、太さに自信がないならマスカラを根元から塗って一本一本をしっかり強調させましょう。ドラッグストアなどの化粧品コーナーに立ち寄れば、まつげのメイクのために開発されたコスメがずらりと並んでいます。

欧米の美女たちのようなセクシーな顔にはなれなくても、日本人の女性らしいキュートな部分を活かす事はできます。

本当に見るべきものは、他人のセクシーさではなく、自分らしい美しさではないでしょうか。