「思いきってセクシー系にしてみようかな?」「もしかしたら、彼はかわいい系が好きなのかも…」と、自分の雰囲気を変えてみたくなったことはないでしょうか。

普段からメイクをしている若い女性なら、メイクの方法を少々変えるのは難しくないでしょう。しかし、それが自分に合ったメイクでなければ、イメチェンも台無しになりかねません。

セクシーな女性、キュートな雰囲気の女性、どちらもそれぞれ長所があり、またそれと同時に各々コンプレックスも抱えていたりするものです。

コンプレックスとは他と自分を比較する事で生じる感情ですが、セクシーな女性が何と比較してコンプレックスを感じるかと言えば、キュートな親しみやすさで周囲から愛される女性でしょう。

反対にキュートな女性がコンプレックスを抱いてしまう相手といえば、セクシーな魅力を持ち、男性たちからアプローチされるような女性です。「隣の芝生は青く見える」なんて昔から言われるとおり、人は自分に持っていない部分を持つ他人を羨やみ、それが欠けている自分自身がみすぼらしいと感じる傾向があるのです。

しかし、他人が持っているものに憧れるあまり、自分を見失ってはいませんか?本来自分が持っている長所や魅力を忘れていないでしょうか。

せっかくかわいい顔をしているキュートな女性が、明らかに似合わない濃いアイシャドウを塗り、まつげにマスカラをたっぷりつけると、その部分だけが浮いてしまって、ちぐはぐになるでしょう。

セクシーな印象の女性がチークを塗って子供っぽい頬の赤みを強調し、ピンク色のリップをつけても、違和感だらけで魅力的には見えないものです。

メイクで顔全体の雰囲気を演出できても、その人に備わっている本来の雰囲気や顔立ちそのものを変える事はできません。自分にはどんなメイクが一番合うのかを見極め、不必要な劣等感や羨望に振り回されすぎないようにしましょう。

あなたの魅力を一番理解し、活かせるのは、あなた自身なのです。