「キュートな女性」と聞いて、第一に頭に浮かぶのは文字通り「かわいい」という表現でしょう。甘いお菓子が似合う、少し子供っぽい、女の子らしい仕草…などなど、優しくて大人しい雰囲気の女性を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、そんな印象を抱かれる側の女性からしてみれば、「キュート」と言われること自体がコンプレックスになってしまっている場合もあるのです。

おそらく、キュート、かわいいと褒められて嬉しく思わない女性はほとんどいないでしょう。キュートとは明らかに褒め言葉であり、よほど穿った受け止め方をしない限り、素直に外見や振る舞いを褒められたと喜べるはずです。

しかし「キュート」と言われること自体に問題はなくても、別の言葉と比較した時、それは劣等感を刺激される言葉にもなり得ます。

例えば女性のタイプを表す言葉だと「セクシー」があります。女らしい魅力が感じられる女性に対して多く使われる褒め言葉です。ところが「かわいい」とよく褒められる女性は「セクシーだね」と褒められることはほとんどありません。

そして逆も同様です。キュートな女性に女らしい魅力がない、セクシーな女性はかわいくない、もちろんそんな事はありません。男性が女性に対して「かわいい」という表現を使う場合は異性として見ていることが多いでしょう。

セクシーな女性も、いつもと違う一面を見せたりすると男性は「かわいい」と思わずときめくはずです。それでもキュート、セクシーと褒めてもらえないのは、元々の外見のタイプがそうだからとしか言いようがありません。キュートとセクシーはそもそものカテゴリーが異なります。

ですが人それぞれ外見や雰囲気が異なるのは当然です。キュートな女性はセクシーさへ、セクシーな女性はかわいい雰囲気に憧れることもありますが、まずは自分の良さを認めて、それを伸ばしてあげましょう。

そのうえで雰囲気を変えたいなら、目元のメイクを変えるのが効果的です。セクシーを目指すならクールではっきりとしたアイメイク、長く濃いつけまつげをつけ、キュートを目指すならふんわりとナチュラルカラーのアイメイクに、くるんとカールしたつけまつげがお勧めです。